Browse Month by 8月 2017
未分類

自分では直せない

異物を流してしまった時に、なんとか自分で取り出せないか、トイレのつまりを改善できないかと考える人もいるでしょう。自分で直すときのポイントが、異物を配管まで流さないようにすることです。この点さえ解決できれば自分で異物を取り出すことも可能です。そのための一つの対応方法として、汚水桝をガードする方法があります。

トイレから流した汚物はそのまますぐに配管まで流れるのではなく、一度汚水桝を通りそこから配管に流れるようになっています。そのため汚水枡から配管へと異物が流れないようにせき止めることで、異物で配管が詰まることを防ぐことができます。このガードをすることによって、配管に異物がつまってしまうという大きな問題は避けることができます。この問題が起きなければ自分で異物を取り出すことも可能です。

汚水枡でガードをしておき、その後に水を流してそのガード部分まで異物が流れてくればそのまま異物を取り出すことができます。もし流れてこないようであれば、トイレの中で異物が詰まっている可能性があります。この場合でも汚水桝でガードしているので、無理に流しても異物が配管まで流れる心配がありません。 そのためラバーカップやワイヤーブラシなどを使って異物を押し出すことも有効な方法となります。

これでもトイレ内での異物が取れないようであれば業者に連絡をしましょう。異物を流したときには、対応によって大きな問題となることもあります。異物を流した時には無理に押し流すのは禁物です。すぐに業者に連絡をするか、汚水桝をガードしてからの対応をすることが大切です。


未分類

してはいけないこと

トイレつまりを起こした時には多くの人がラバーカップを使用して改善させようとするのではないでしょうか。通常トイレに流すものであればこのラバーカップによって改善することができます。トイレのつまりではトイレットペーパーを大量に流したことで起こることもありますが、このような場合でもラバーカップでつまりを解消することができます。しかし、異物の場合は違います。

ラバーカップによってうまく流れてくれればまだ良いのですが、途中の配管でつまってしまうと、大規模な工事をしないとつまりを解消できないこともあります。このような状態になれば高い費用がかかってしまいます。トイレはカーブが多いのが特徴で、このことで異物が流れにくいような仕組みになっています。しかしラバーカップによって無理に押し流そうとすることで配管で詰まってしまうのです。

異物によってトイレつまりを起こした時には、ラバーカップを使わないのが基本的な対応方法です。今までトイレが詰まってしまったらまずラバーカップを使うと思っていた人は、つまりの原因をよく考え、通常トイレに流すものであればラバーカップを使い、そうでないものではラバーカップは使ってはいけないということを覚えておきましょう。

また詰まったかどうかよくわからないため、とりあえず水を流してみると考える人もいるでしょう。この行動もしてはいけません。便器は簡単には異物が流れないような構造となっているため、何もせずそのままの状態で業者を呼べば簡単な対応で異物を取り出せ、つまりも改善させることができます。

推奨リンク・・・トイレ つまり
└水のトラブルに関する情報サイトです。